« 忘れかけていた本に涙 №2317 | トップページ | 素直な心で №2319 »

2015年4月19日 (日)

古い写真 №2318

Wpkumiko

昨日は、今年初めて私が洗礼を授かった

時に、抱き親になった従兄弟とふたりで、

平戸の叔母の家まで行ってきました。

従兄弟は私の顔を見ると懐かしそうに、

また嬉しそうに車に乗り、車に乗って

直ぐに、バッグから封筒を私に渡し

ました。

封筒を渡しながら、お礼が遅くなり

申し訳なかったと誤りました。

従兄弟の子供が、いい会社に就職

出来たと報告して、久美子の祈祷の

お陰だと感謝してくれました。

車の中で是までの出来事を訊き

ながら、叔母の家に到着してお

墓参りに行きました。

叔母は体調が優れないと言うので、

従兄弟とふたりで叔母のお墓の

掃除もして、叔母の待つ家にまた帰り、

3人で食事をしていると、叔母が何か

思い出したように、知り合いから

預かったと言って、厚めの封筒を

私に渡し、其の中身が亡き母の

アルバムに入れてあった、昔の古い

写真だと話します。

従兄弟とふたりで、その写真を

封筒からだして、3人で亡き母を

偲びました。

写真はとても古いのですが、其の

当時の写真がとても綺麗に映

されていることに、驚きました。

だって60年以上の写真なんですよ。

私の父や母の親の写真もありました。

其の写真は、私に大切に持って

いてほしいという亡き母の遺言の

ようでした。

誰にも言えない苦しく悲しい思いが、

其の写真から受け取れました。

私のような普通の人が出来ない、

観えない世界の仕事をしていると、

本当に心の箱がいくつあっても

足りないくらい、人生の歴史が刻める

ようです。

叔母の自宅を出る前に、体調が悪いと

言った叔母の言葉が気になり、少し

身体に手を当てて、マッサージもして

あげたら、笑顔が溢れて元気に

なったと、叔母が喜んでくれたので

安心して福岡まで帰ってきましたが、

何故か、写真をゆっくりとまだ見れ

ません。

あまりにも過酷な亡き母の人生を

観るからです。

|

« 忘れかけていた本に涙 №2317 | トップページ | 素直な心で №2319 »

コメント

おはようございます。久しぶりに見させて貰いました。お元気そうでなりよりです(#^.^#)
私は今、忙しくしてます。これもしなければならない事なので、、、
その中で、いくつも挫けては、周りの方々や、よく解らないけど、夢や声が聞こえてね。励ましてくれるんです。とても有難い事ですが、なにせ自分が未熟なので、、申し訳ないの一点ですよ。
先生に会いたいけど、、もう少し頑張って出来るまで、やってみようかと思ってます(#^.^#)
って。。。突然、、、泣きながら行ったら勘弁して下さいね(*_*)
では、お体にお気をつけて(#^.^#) 
                             きむらなおみ

投稿: きむらなおみ | 2015年4月20日 (月) 07時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い写真 №2318:

« 忘れかけていた本に涙 №2317 | トップページ | 素直な心で №2319 »